BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

エクステリアと造園の違いについて

2021/03/01
この記事では、エクステリア工事と造園工事の違いについての情報をお伝えしていきます。
どちらも家の外の工事になりますが、その違いについてはっきりとわからないという人も多いのではないでしょうか。
どのような違いがあるのか把握し、自分がどちらの工事を依頼すれば良いのか知っておきましょう。

▼エクステリア工事とは

エクステリア工事は、家の周り外壁や柵、植え込み、門扉からアプローチ、玄関灯などの取り付け工事のことを指します。
主におしゃれさや防犯といった効果のある工事を行うものになります。
外からの目隠しのために柵や門扉を設置したり、来客をもてなすためのおしゃれなものを設置する工事を行い、防犯も高めることができます。

▼造園工事とは

造園工事は、ガーデニングなどの樹木の植え付け、花壇などの整備工事など庭の工事のことを指します。
和風や洋風など様々なイメージで工事を行います。
基本的には、見た目が綺麗なるように庭を整えていきます。
より居心地の良い庭を作るために行われます。

▼エクステリア工事と造園工事の違いとは

エクステリア工事と造園工事の明確な違いとしては、プライバシーや防犯の意味で行われる家の外周りの工事をエクステリア工事と呼び、家の庭をメインとした空間作りの工事を造園工事と呼びます。
エクステリア工事は、機能的であったり、おしゃれな見た目、防犯を意識した玄関先などの工事になります。
造園工事は庭のガーデニングをはじめとした、癒しや落ち着ける風景作りの工事になります。
どのような目的かで工事内容が変わってきます。

▼まとめ

自分がどのような目的で家の周りを工事したいかによって、それがエクステリア工事なのか、造園工事なのかが変わります。
事前に自分の考えをまとめておき、業者に相談して見ると良いでしょう。
そうすることで、業者もどのような工事が必要になるのか提案してくれるでしょう。