BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

人工芝と天然芝の違いって?メリット・デメリットを知ろう

2020/11/25
人工芝と天然芝の違いについて、どのようなイメージを抱いていますか?
人工芝の方が手入れが簡単そう、といった漠然としたイメージぐらいしか浮かばない人が多いのではないでしょうか。

ここではそれぞれのメリット・デメリットを具体的に見ていきましょう。

▼天然芝について
よく手入れされた天然芝は、やはり裸足で歩いた時の感触が気持ちいいものです。
そして、アスファルトやむき出しの土だけの地面よりもクッション性が高いので、駆け回ったり転んだりしても安全です。

しかし、「天然の植物」からできている以上、成長とはどうしても切り離せません。
夏はこまめな芝刈りや草抜きが必要になりますし、日当たりや温度・湿度等、環境によっては枯れてしまうこともあります。
常に綺麗な芝を保つためのお手入れは、想像以上に大変です。

▼人工芝について
人工芝の最大のメリットは、敷く環境を選ばないことでしょう。
天然芝が苦手とする日当たりの悪いところでも、人工芝なら気にすることなく敷くことができます。
また、芝刈りは不要となることはもちろんのこと、敷く前に下地をしっかり整えておけば、雑草が生える心配もほぼなくなります。

しかし、やはり経年劣化は避けられませんので、10年をひとつの目安として全て交換する必要はあります。
また、真夏の強い日差しにさらされ続けると表面が高温となりますので、注意が必要です。

▼まとめ
メリット・デメリットを理解したうえで天然芝か人工芝かを選んでいきたいものですね。
もし横浜エリアの方で人工芝を検討されていましたら、ヤマインターナショナル株式会社へ是非ご相談ください。
メリット・デメリットも丁寧に説明させていただいたうえで、人工芝の良さを最大限に生かせる施工をいたします。