BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

人工芝を敷く際には下地が重要!どのように施工すればよいの?

2020/10/26
人工芝を設置する際に、ただ敷き詰めるだけでは後々で問題になることが多いです。
そこで、下地をしっかりと整えることが重要です。
では、下地をどのように整えればよいのでしょうか?
ここでは、下地の整え方について紹介します。

▼石や雑草の除去は必須
下地を整える際に、まずは石や雑草を除去することが重要です。
石が残った状態で敷き詰めると、その部分を踏んだ際に足をくじいたりつまずいたりするリスクがあります。
また、小石に関しては形状によっては足に刺さることもあるので、しっかり取り除きましょう。
雑草に関しては、なるべくスコップなどを用いて根っこから除去することが重要です。
これによって、敷き詰めた後に雑草が生えてきてデコボコになることを防止できます。

▼ダンパーなどを用いて転圧する
人工芝を敷き詰める際には、デコボコは大敵です。
雑草を除去した後に、ダンパーなどを用いて填圧することで平らにしていきます。
転圧機を用いて行うのがベターですが、レンタル費用がかかるので足で踏んで固めるという方法もあります。

▼下地材を敷き詰める
ある程度転圧ができたら、下地材を敷き詰めていきます。
概ね、3cm程度の厚みで敷き詰めていくのがおすすめです。
その後、再度転圧してしっかりと整地すれば完成です。

▼まとめ
人工芝を敷く際には、下地をしっかりと作り上げることが重要です。
転圧作業はなかなか大変ですので、業者に依頼するのもよいでしょう。
ヤマインターナショナル株式会社では、自然かつ高品質な人工芝の施工を致します。気になる方は是非お問い合わせください。