BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

人工芝の施工方法を徹底解説

2020/10/23
人工芝は、比較的誰でもかんたんに施工できるものとして有名です。
ここでは、実際にどのように施工するのかについて解説します。

▼小石や雑草を除去する
まずはじめに、人工芝を敷き詰める場所にある小石や雑草を取り除きます。
特に注意したいのが雑草で、見た目で取り除けていても根が残っていると生えてくるので要注意です。
可能であれば、多少耕して根を絶やすのもよいでしょう。

▼整地する
人工芝を設置する場所は、基本的に平らにしておきます。
可能であれば、転圧ローラーやトンボなどを使用して、ガッチリ固めておくことをおすすめします。
これを怠ると、後で人工芝がずれてしまうというケースもあるので要注意です。

▼防草シートを敷いておく
可能であれば、防草シートを敷いておくと後で雑草が生えてデコボコになることを防止できます。

▼仮設置する
設置場所の準備ができたら、一度人工芝を仮設置します。
ロール式の場合、ある程度位置決めしてカットしないと、後で隙間ができてしまうリスクがあります。
仮設置が完了したら、カットする箇所に目印を付けておきカットします。
なるべく曲がらないように、ガイドを用いることが重要です。

▼固定する
カットが完了したら、人工芝を敷き詰めていきます。
位置決めが完了したら、杭を使用して固定していきます。
固定ができたら、ブラシなどを用いて芝葉を整えれば完成です。

▼まとめ
自分で芝生の施工をお考えの方は、今回紹介したポイントを是非参考にしてみてくださいね。
ヤマインターナショナル株式会社では、人工芝の販売を行っております。人工芝や芝生でお悩みなら一度お問い合わせください。